住宅ローン控除制度とは

住宅ローン控除とは、居住用の住宅を購入した納税者の税金を安くする制度です。この制度は、年末のローン残高に応じた控除額を所得税から差し引けるもので、引ききれなかった分は住民税から差し引く事ができます。安くなる税金とその限度額は居住を開始した年によって異なりますが、ほとんどの場合は年末残高の1%であり、現在の限度額は40万円となっています。なお、住民税から引く場合は136,500円が限度額となります。この適用を受けるには、適用を受ける最初の年に確定申告をしなければいけません。サラリーマンなどの給与所得者は、2年目以降は年末調整で適用を受けられます。

住宅ローン控除の仕組みとは

住宅ローン控除とは、住宅を購入する際に10年以上の償還期間を持つローンを組んでいる場合、一定の条件を満たせば年末の借入金残高の1%に相当する金額を所得税から控除できるという制度です。例えば、年末時点の借入金が3000万円だとすると30万円が所得税から控除されます。もし、控除額が所得税から引ききれず残ってしまった場合は、その分を住民税から控除する事もできます。ただし、住民税から控除できる金額は136,500円が限度となります。この制度を適用するには、適用を受ける初年度に確定申告をする必要がありますが、所得税や住民税が全く掛からないケースもあり、多くの納税者に利用されています。

↑PAGE TOP