住宅ローンを残した状態での売却

住宅ローンが何年も残っている状態で売却する場合には注意することがいくつかあります。まずは売る時の状況に左右されると思います。世帯主の転勤等により突発的に起こってしまう場合と、利便性を求めて計画的に引っ越しを考える場合です。後者の場合なら建物、土地の相場など時間をかけて調査することができると思います。また、手放すタイミングを価値が高い時を狙って行えます。問題は前者の場合です。自分を取り巻く状況が目まぐるしく変化している中で住宅のことをどれだけ考えられるのか、新生活に早く移行するために何もかも人任せにしていないか。この問題に対処するには日々自分の所有する物件のローン残額、金利、売却した場合の価値などいつでも損にならないように情勢に気を付けることが重要です。

ローンの審査に通るための準備

住宅ローンの審査は、人生で一度きりの一大イベントとなることも多いです。金利が低いところの審査に通るかどうかで、500万円以上も差がついてしまうこともあります。しっかりと準備をしておく必要があります。住宅ローン審査に向けた準備として、頭金を貯めておくということが重要になるでしょう。年収をあげたり、正社員として安定収入を得たりすることは、だれもが努力をしていると思われます。やはり、頭金をどれだけ貯められるかが、ポイントとなることが多いです。個人信用情報も重要になるので、クレジットカードを延滞せずに利用をして、クレジットヒストリーを築いておきましょう。

↑PAGE TOP